靖国問題について考えてみた

「素人考え休むに似たり」ではあるが、靖国問題について考えてみた。

 先日のニュースで、小泉首相が、『16日午前の衆院予算委員会で、中韓両国が首相の靖国神社参拝に反対していることについて「他国が干渉すべきではない。戦没者に心からの追悼の誠を捧げることがなぜいけないのか、理解できない」と不快感を示し「いつ行くかは適切に判断する」と述べ、従来よりも踏み込んだ表現で参拝継続への意欲を示した。』(毎日新聞)、と報じられた。

 この人にはバランス感覚がないのだろうか?
 前にも書いたかもしれないが、外交は相手国と交渉することで成り立っている。相手国が不快に思うようなことばかりこちらが主張していれば、まとまるものもまとまらなくなってしまう。(相手国におもねると言っているのではない)
 ただの国会議員センセイが人気取りのためにタカ派的発言をするのと違い、一国の首相が発言することは日本の主張ととられてても仕方ない。
(日本国民のコンセンサスを得たとは到底思えないが)日本政府は国連安保理常任理事国入りを目指してる、それなのにこんな硬直的な発言である。これでは逆行する発言ばかりしていると、内外から理解されても仕方あるまい。
 この人はどうかしているとしか思えない。このままでは日本の国益を及ぼすことになりかねない。

 アジア各国が批判しているのは、靖国にA級戦犯が合祀されていることらしい。
 戦後60年、先日もヨーロッパ方面で連合国側の戦勝60周年記念式典が行われたように、戦争の悲惨な記憶は忘れられていない。また戦勝国と戦敗国との立場は未だ変わっていないのだ。
 そのヨーロッパで、もしドイツの首相が国を守るために戦ったのだからとヒットラーに祈りを捧げたら、世論はどう反応するだろうか?
 アジア諸外国から見れば、我がアホ首相のやってることはそれ同じことなのではないか。
 日本人のように「過去は水に流す」というわけにはいかないのだ。

 日本には、国に災いを及ぼしたり祟ったりした者を神として祀り、国の護りに変えてしまおうとする思想がある。平将門や崇徳院また菅原道真などがそれにあたる。
 この思想が根底にあるので、A級戦犯が神の一柱として合祀されていても日本人には違和感があまりないのだ、という話を何処かで聞いた。
 しかし、これは日本人なら「なんとなく」受け入れられるが、他国民にはいくら説明しても無理ではないか。A級戦犯は、あくまでA級戦犯なのだ。

 終戦記念日(敗戦と言わないところが日本人らしい)に英霊に祈りを捧げ、不戦の誓いを新たにするというのなら、宗教的・政治的な意味のない場所に、戦没者の慰霊碑を建てれば良いのではないか。
 そうすれば諸外国から文句を言われることはないし、国内でも宗教的・思想的理由で靖国に行かれない人も納得できる(キリスト教徒などで靖国に合祀されたことで、精神的苦痛を味わっている人々もいる)。
 これなら日本国憲法の理念に適っているし、憲法違反を続けることもあるまい。

 自分の思想信条と相容れないとしても、国益に適うことであれば推し進めていくのが政治家の役目であり度量ではないか。
 そのような柔軟な発想のできる政治家が、国政レベルで登場することに期待したい。
 自民党や民主党では結局、同じ穴のムジナということか…
[PR]
# by koujima_ousi | 2005-05-18 16:40 | 思いつ記

不適格な教師たち

ニュースを見ていると、毎日のように教員の不祥事が報道されている。今日も、生徒に質問する際、カッターナイフを突きつけた教師について報道されていた。

Yahoo!で伝えられているのは、こうだ…
『 鹿児島県開聞町立開聞中学校(福元隆志校長、203人)で、男性教諭(39)が授業中、質問をした際に「答えられなかったら切ります」と言って、生徒にカッターナイフを突きつけていたことが7日、分かった。
 学校によると、教諭は4月13日、1年生の美術の時間に「世の中にある色を答えなさい」と質問し、順番に生徒に答えさせていた。男子生徒が答えに詰まると「答えられないから切ります」と言い、ポケットからカッターナイフを取り出し、刃を数センチ出して生徒に20~30センチまで近づけた。また、別の質問でも答えに詰まった女子生徒2人にナイフを見せたという。
 保護者からの連絡で、学校が教諭に事情を聴いたところ「作業をさっさと進めるためにやった」と答えたという。教諭は4月に異動してきたが、前任校でも「答えられなかったら定規でたたく」などと言って指導していた。
 教諭は生徒と保護者に対し、不適切な指導があったことを認め謝罪した。福元校長は「学校は安心して過ごせる場所であるべきなのに、こういうことがあって非常に残念。子供たちに怖い思いをさせ申し訳ない」と話している』(毎日新聞)
別の新聞によると、『教諭は「授業に緊張感を持たせようと思ってやった。後で事の重大性に気づいた。申し訳ない」と話しているという。』(読売新聞)、だそうだ。

あまりにも馬鹿げている。「授業に緊張感を持たせよう」って、緊張感の意味がが違うだろう!教員たる者、教育に命を懸けて欲しいと思うが、教わる側が直截な意味で、命を懸けてどうする。中1なんてまだ子供だ。カッターナイフを大人から突きつけられたら、怖いに決まっている。大人だって怖い。
本当に「作業をさっさと進めるためにやった」と言ったとしたら、指導計画を全く立てていないとしか思えない。
この教員に対し処分を検討中らしいが、報道されていることが事実だとしたら、即刻、「懲戒免職」にすべきだ。
過去に報道された教員の不祥事について、厳重注意や謹慎などが処分として発表されることが多い。しかし。これでは生温いと思う。教育の現場にこんなふざけた教師をおいておいてはいけない。いわゆる「公務員体質」や労働組合の存在が、もしそれを許しているとしたらもってのほかだ。民間であれば厳しい処分になるはずである。
教育の現場は、自治的であって、権力や資本のある人間から自由でなければいけないと思う。だからといって、野放しにされてはいけない。
勿論、懸命に働いている教員が殆どだろうし、一部の人間の不祥事と同次元で見られたくないと教員を職業としている方は言うだろう。私の友人で教員をやっている連中もそりゃあ熱心だ。
しかし、だからこそ、教員の質についてチェックできる体制を皆で考えるべきだ。採用の段階でもそうだし、ベテランの教師の教育水準や人間性をチェックする事も必要だろう。(そうすると「君が代」を歌わない教員は不適格だと言い出すバカな奴も出てくるので困ってしまうが…)

ここからは噂話、都市伝説のようなもの…
関東に位置するK川県では、教師として不適切(能力が足りない、やる気がない、人格的に問題がある等)な人物を一ヶ所に集めて、研修の名目で隔離している、らしい、らしい…
クビにしちゃえばいいのに!税金使ってんだからっ!
[PR]
# by koujima_ousi | 2005-05-07 16:33 | 思いつ記

天皇賞…気になる馬

今日は買わないけど、とりあえず気になる馬を50音順で

アイホッパー
アドマイヤグルーヴ
チャクラ
トウショウナイト
ハーツクライ
ヒシミラクル
[PR]
# by koujima_ousi | 2005-05-01 10:21 | お馬さん

お国変われば

昨日・一昨日と親戚の葬儀参列のため、北陸の薬で有名な県まで行ってきた。
関東からでも高速を使うと7時間で行ってしまう。自分のイメージしていた距離感と、現実とがあまりに違いすぎて、日本はせまいんだなあ、と思ってしまった。
ただ、物理的な距離は短縮できても、土地の風習、葬儀の慣例、そして言葉までもが、私が普段慣れ親しんでいるのとはまったく違うものなので、外国へ取り残された気分に陥ってしまった。
よく考えれば、つい(?)江戸時代までは、国が違ったのだから外国といえば外国と言えなくはない。
「日本はずっとひとつの国でした」なんて言い張る方が、逆に違和感を感じてしまう今の心境であった。
[PR]
# by koujima_ousi | 2005-04-29 17:24 | 思いつ記

効率か安全か

昨日の悲惨な事故。不幸にも犠牲になられた方にお悔やみ申し上げる。

今回の事故については、いろいろな要因が不幸にも積み重なって起こってしまったのだろうから、今後の調査を待って責任問題等は議論すべきだろう。われわれのような部外者がとやかく言う立場でもない。

それにしてもである。
ここのところ、日本の交通輸送がおかしくないか?
日航機の度重なる不手際、今回の事故等、報道されているだけでもかなりの数だ。以前と較べて、事件事故になる数が多すぎるのではないか。

日航の社長は、経営の効率化のために点検がおろそかになっていた面がある、と記者会見で認めていたらしい。本当にそう発言していたとしたら、何たることか!である。

バブル崩壊後、経営のスリム化・効率化を図ることで、各企業が生き残りを模索してきた。そしてそのことで多くの企業が再生したことも認める。それはどこも血の出るような思いだったに違いない。(その陰にはリストラされた多数の従業員がいて、未だに定職につけない者もいるが…)
しかし、である。企業の効率化だけが独り歩きし、顧客へのサービスの質・製品の質が低下してはいないだろうか?
ちょっとしたことでも「こっちは客だぞ!」といいたくなるようなことは多い。
どんなに効率化しようが、顧客に対して最高のサービスを提供しようとする。それが現在まだできていなくとも、理想として掲げ一歩でも近づこうとするのが一流の証拠。この程度でいいや、と考えたり自分の会社さえ守れればという考えになると、日航や三菱自動車、西武鉄道(コクド)のような結果を招く。

ましてや交通機関を利用するということは、客としてはある意味、命を預けていることになる。
「お客様の安全より、効率を優先させていただきました」じゃあ、洒落にならない…
[PR]
# by koujima_ousi | 2005-04-26 17:06 | 思いつ記

ホントに儲かるのか~?

Yahoo!ブログでの話

ブログの新着記事で「お得な情報」の類のタイトルをよく見る。今日も昼前に出ていたので、ログオフしてから行ってみた。(怪しそうなものはログオフしてから見よう!)
案の定、ワンクリックでいくらという儲け話。どんな広告主にせよ。自分のサイトに登録するだけで本当にそんなに儲かるのか~?
そこにも相互ファン登録の仕方が書いてあった。タイトルしか見てないが。
別にブログにどんな情報を載せても自由だし、そんなこと気にしなければいいんだが、なんかしっくり来ない。もっと純粋に楽しめないものかねー。

小学校の社会科で、「日本は世界の工場です。第2次産業が主体です」と教わった僕のような古い世代には、そんなことして金もらえるなんて信じられないし、楽して儲けようなんてお天道様に申し訳が立たない。虚業より実業。儲けは少なくても堅実に物をつくることを忘れてはいけないと思う。
日本中がそんな考えになると、この国は滅びるかもしれない。

まあ、竹中ナントカ大臣は、日本マクドナルド株公開の時に大儲けしたらしいから、僕の心配は杞憂に終わるでしょうけど…
[PR]
# by koujima_ousi | 2005-04-25 13:03 | 思いつ記

総理もバカなら議員もバカ

今日のニュースを見て愕然とした。

『 超党派の国会議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・瓦力元防衛庁長官)のメンバー80人が22日午前、東京・九段の靖国神社を春の例大祭に合わせて参拝した。参拝したのは綿貫民輔前衆院議長、古賀誠元自民党幹事長ら大半が自民党議員。同会によると、内訳は衆院49人、参院31人で、民主党からも2人参加したほか、代理出席を含めると計168人に上った。
 閣僚本人の参拝はなかったが、副大臣では西川公也副内閣相と今津寛防衛庁副長官の2人が参拝した。
 同会副会長の藤井孝男元運輸相は参拝後の記者会見で「それぞれの国に宗教、歴史、文化があり、参拝はごく自然な姿。独自の歴史観を押し付けるものではない」と述べ、近隣諸国の感情を傷付ける意思はないことを強調した。ただ、中国政府が国内の反日デモの背景として日本の歴史認識を問題視している時期だけに、アジア諸国との摩擦が強まる可能性もある。【平元英治】
(毎日新聞) - 4月22日11時21分更新 』

やっと少し中国の件が収まりかけてきたというのに、これでまたフリダシに戻ってしまう。
主義主張は別として、あんたらには国際感覚というものがないのか。
下手をすると駐留邦人に危害が及ぶ可能性がある。いや危険性が増したといってもいい。
あんたら何かあった時に対処できるのか?国会議員は国を代表していることを理解しているのか?
それとも火に油を注ぐような事をして、軍備拡張の口実でも作ろうという魂胆か?

総理もバカなら議員もバカ。選んだ国民もっとバカ…
[PR]
# by koujima_ousi | 2005-04-22 11:59 | 思いつ記

書店では絶対に売られていない雑誌

『THE BIG ISSUE』という雑誌をご存知だろうか?
ホームレスの自立支援を目的に発行されている雑誌である。
その販売のシステム等はhttp://www.bigissuejapan.com/index.htmlをご覧いただきたい。

僕はその存在を、日本でも発売開始になったというニュースを観て知っていたので、東京地区で売られるようになってすぐ新宿で買ってみた。
自立支援云々を論ずる前に、まず記事が面白かった。社会問題、国際問題、アーティストのインタビューなど、広告主に気を使わないでいいぶん濃い内容が多岐に渡って掲載されている。この内容で200円ならかなりお買い得だと、5号までは新宿に出るたびに続けて購入した。
残念ながら、今は引っ越してしまって販売エリアが近くにないのでそれきりだが、27号まで出ているとホームページで知った。できればバックナンバーが欲しい。

都会に住む皆さん、駅周辺でホームレスが雑誌を高く掲げて売っていたら、手にしてみてください。
きっと面白い情報が得られますよ!
[PR]
# by koujima_ousi | 2005-04-21 18:20 | 思いつ記

あまり知られていないCD クラッシック編4

光る砂漠 合唱名曲コレクション7
組曲「光る砂漠」/組曲「白い木馬」
合唱:合唱団京都エコー、指揮:福永陽一郎、ピアノ:三浦洋一・ピアノ:久邇之宜

僕は、合唱を歌っている人の顔を見るのが苦手だ。立つ姿勢から口の開き方まで統制された感じがダメだ。特にテレビに出てくるような有名どころのアマチュア合唱団の、「私たち上手いでしょ」的オーラは勘弁してもらいたい。
かく言う私も、もう四半世紀も前の学生時代、合唱団に所属して結構一生懸命歌ってたことがある…

私が在籍していたのは、吹けば飛ぶような弱小合唱団だったので、やれる曲なんて限られていた。表題の「組曲 光る砂漠」も歌ってみたかったが、実力が伴わなかった。だから、この曲を演奏できる合唱団(ましてはレコードにしてしまうような)には羨望と嫉妬の入り混じった敵意をあらわにしてしまうのである。それがトラウマになってか、冒頭のような発言となってしまうのである。真面目にやっている人、ゴメンナサイ…

さてCDである。「光る砂漠」は、夭折した詩人矢澤宰の遺稿詩集「光る砂漠」より抜粋した詩に、「白い木馬」はブッシュ孝子(これも遺稿だったかな?)の詩にそれぞれ曲をつけたものである。

どちらも素晴らしい詩と旋律が相俟って、悲しいまでに美しい曲となっている。特に「光る砂漠」は詩の内容から、ともすればセンチメンタリズムの罠に陥りそうであるが、しっかりした曲の構成でそれを回避できている(偉そうなことを言うな!)
どちらの組曲もピアノの旋律が美しい。特に「白い木馬」1曲目冒頭の旋律は印象的だ。
萩原英彦の作品を聴くと、「フランス」を連想してしまうのは何故だろう…

これを書くため、久しぶりにこのCDを聴いてみた。京都エコーの演奏は、今聴くとあまり良くない。(私が学生の頃は、あんなに幅をきかせた合唱団だったのに!)
合唱:東京混声合唱団、指揮:秋山和慶、ピアノ:アンリエット・ピュイグ=ロジェのCDが出ていて、それが良いらしい。私は聴いていないのでなんともいえないが、合唱団はプロだし、指揮者が素晴らしいので、一応そちらをご紹介…
「日本合唱曲全集/萩原英彦作品集1」
曲目は同じ
ビクターエンタテインメント ¥2,100-
[PR]
# by koujima_ousi | 2005-04-20 16:07 | CD紹介

メメント・モリ

前にも書いたが、友人が癌で入院している。
食事が摂れずにいたので体力的な問題があったのと、その他、諸々の事情によって手術ではなく抗癌剤と放射線による治療になるようだ。
癌と正面から向き合い、死と隣り合わせの孤独と闘い続けている彼(その姿は神々しくさえある)を、私達はただ見守るるしかないのは辛いことだ。
できることなら完治し社会に復帰してもらいたいし、1秒でも長く生を全うしてもらいたいと心の底から願ってやまない。

『Memento Mori』…死を想え、何年も前からこの言葉が頭から離れない。
不可逆的な時間の流れの中に生きている私たちは、死に向かって生きている。誰も死から逃れることはできない。また自分の死の時を設定することもできない。
釈迦は、『生老病死』と「四苦」の中に「生」までも入れている。これを「生きているのはただ辛く苦しいことだ」ではなく、「どう生きるのかを常に考え続けることだ」と私なりに前向きに捉えたい。
翻って、現在の自分はそんなことを考えているだろうか?日々の雑事に追われ、ただ生きている、だけではないのか?自らに誠実に生きているだろうか?

こう想うのは迷いがあるということか、迷いばかりの人生もまた良しとしよう…
[PR]
# by koujima_ousi | 2005-04-19 15:55 | 思いつ記